公民館

◎1月21日 学習部会開催案内

 1/27(月)14時から、那智が丘公民館会議室において「学習部会」を開催します。学習部会部員の皆様には既にご案内をしておりますが、出席方よろしくお願いします。議題は、①令和元年度教室講座実施報告と、②令和2年度教室講座計画(案)についてです。教室講座を計画するにあたっては、毎年度「コンセプト」を設定しています。令和2年度は、「3C:継続・変化・挑戦」としたいと考えています。

◎1月20日 講座報告(ケーキ作り)

 1月18日(土)、公民館講座「癒しと健康♪ルイボスティのバレンタインケーキ作り」を実施しました。調理時間の目安は30分、親子で楽しいケーキ作りになりました。笑顔がとっても素敵です。


◎1月17日 全館使用のお知らせ

 1月26日(日)は、名取市議会議員選挙の投票日です。那智が丘公民館は、那智が丘第1投票所になりますので、準備を含め1月24日(金)16時30分~1月26日(日)21時30分まで、全館使用となります。その期間内は貸館できませんのでご承知おきください。


◎1月16日 講座開催(1/18)のお知らせ

 1月18日(土)10時から、公民館講座を開催します。昨年度、ルイボスティを使った料理講座が好評だったことから、今回は「ルイボスティのバレンタインケーキ作り」に挑戦します。講師は、トークも楽しい鈴木義孝先生です。まだ申し込みされていない方は、至急那智が丘公民館までご連絡ください。(☎022-386-6266)


◎1月15日 新春を祝う会開催報告

 1月11日(土)、令和2年那智が丘地区新春を祝う会を成功裏に終了しました。開催模様は、トップページ・最新記事をご覧下さい。この写真は、ハワイアンフラ熱演の一コマ。門松とパン粘土作品は1月末までロビーに展示しています。どうぞご覧下さい。


◎1月10日 明日、新春を祝う会開催

 いよいよ明日、1月11日(土)正午から那智が丘公民館ホールにおいて「令和2年那智が丘地区新春を祝う会」を開催します。昨日制作していただいた「仙台の伝統的門松」ですが、今朝の河北新報に掲載されました。その門松をくぐって入場していただきます。明日はどうぞお楽しみください。


◎1月9日 伝統の門松を制作しました

 本日午前9時から、仙台の伝統的な門型の門松を制作していただきました。この門松は、江戸時代に仙台城下で飾られた門松で、那智が丘公民館では平成28年の講座で学び、それ以来今年で5回目、新春を祝う会の開催に合わせて区長さんをはじめ、有志の皆様により制作していただいているものです。来館の際は、じっくりご覧ください。写真は、門松制作にご協力いただいた皆様です。ありがとうございました。


◎1月8日 新春を祝う会開催のお知らせ

 1月11日(土)正午から、令和2年那智が丘公民館新春を祝う会を開催します。お申込みされた方は公民館にお越しください。今年のアトラクションは、田端岳祐様の舞、菊池帥岳様の吟、瀬戸竹禅様の尺八による漢詩を舞う「祝賀の詞」で幕を開け、大黒舞、新舞踊を予定しております。どうぞお楽しみに。また、出席された皆様がゆっくり、くつろげるよう、懇談時間を多く取るようにプログラムしました。心ゆくまでお楽しみください。


◎1月7日 公民館ロビー展示を新春版へ

 昨日、繊緤会(金)サークルの皆様が、公民館ロビーのショーケースに飾っている「ちりめん細工」作品をリニューアルしました。サンタさんからねずみさんへ、初春を感じさせる作品になりました。童話・ねずみの嫁入りの様子がとても可愛いらしく、ほっこりする作品です。なんと、ねずみさんは全部で28ひきです。ぜひ、公民館で確かめてみてください。


◎1月6日 令和2年スタート

 令和2年の仕事始めです。新年にあたり、今年も公民館玄関に謹賀新年の書を飾りました。この書は、那智が丘一丁目にお住いの書道家・奥村桃曄先生に書いていただいたものです。今年1年、楽しい年になるようにとの願いを込め、皆様をお待ちしております。本年もよろしくお願いします。


◎1月1日 謹賀新年

 新年明けましておめでとうございます。令和2年の幕開けは、昨年街びらきをした「かわまちてらす閖上」から臨む初日の出鑑賞で始まりました。水平線上に雲がたちこめ、定刻をかなり過ぎてから白色光の太陽が顔を出しました。何とも言えない間、それが自然の営み、時間の大切さを教えてくれているような感じがしました。


◎12月27日 那智が丘公民館主な予定(1月)

 公民館は今日が仕事納め、1月4日まで長期の年末年始休館となります。年始め恒例の「那智が丘地区新春を祝う会」は1月11日(土)正午開催、伝統的門松を制作して皆様をお迎えする予定です。ご心配をおかけしております「カマドウマ」対策ですが、本日(12/27)午前中、委託業者さんに館内へ薬剤散布をしていただきました。令和2年を快適に迎えられることと思います。今年1年、ありがとうございました。新年も引き続きよろしくお願いします。


◎12月26日 公民館を解剖その10【情報提供】

 「公民館を解剖するシリーズ」の最終回、「生涯学習に関する情報提供」について紹介します。初回で紹介したとおり公民館に求められる機能と役割は3つ、①学ぶ権利を保障する場、②地域をつくる拠点、③住民参加です。これらを実現するためにはお互いが情報を共有することです。そのためにも、公民館からの情報提供はとても大切なことです。


◎12月25日 腐葉土作り温床枠紹介

 11/14に公民館第二駐車場に「落ち葉ステーション」を設置しましたが、一丁目と五丁目にも新たなステーションが設置されました。五丁目は従来の温床枠と併設です。落ち葉は燃やさず、資源化に努めましょう。


◎12月24日 公民館を解剖その9【図書館協力】

 「公民館を解剖するシリーズ」の9回目、「公民館による図書館協力」について紹介します。名取市の図書館は増田地区にありますが、遠隔地の西部4団地でも図書を利用しやすくするため、公民館に図書コーナーを設置しています。毎月2回、第1・第3木曜日の15時から、図書館巡回による配本図書サービスを受けることができます。


◎12月23日 公民館の「ハナモモ」剪定

 先週(12/20)、公民館駐車場に植樹されている市の花「ハナモモ」の剪定をしていただきました。ご協力いただいたのは、三丁目行政区長の馬場様です。剪定作業を見ていて、思いっきりのよさに感心しました。あっという間に見事な枝ぶりに変身。来春、咲き誇る見事な桃色の花が見られると思います。


◎12月20日 公民館を解剖その8【窓口交付】

 「公民館を解剖するシリーズ」の8回目、「公民館で受領できる証明書」について紹介します。市役所に出向かずに、自宅から電話や公民館窓口で申請した方が公民館で受け取ることができる仕組みがあります。対象となる証明書は住民票の写しなど7種類ほどあります。詳細は図を参照してください。現在はマイナンバーカードを利用してコンビニで受領できるサービスもありますので併せてご確認ください。


◎12月19日 公民館を解剖その7【公民館施設の貸館】

 「公民館を解剖するシリーズ」の7回目、「公民館施設の貸館」について紹介します。那智が丘公民館には、「ホール」「研修室(和室)」「会議室」「調理室」の4つの貸館施設があります。貸館区分は、午前(9時~正午)、午後(13時~17時)、夜間(18時~21時30分)、全日(9時~21時30分)の4種類です。予約は、3カ月前からの受付となります。


◎12月18日 カマドウマ対策

 今朝、公民館建物の周囲に「カマドウマ」侵入対策で今年2度目の薬剤を散布しました。毎年この時期、館内でカマドウマが目につき、利用される皆様にご心配とご迷惑をおかけしています。追加対策も検討中です。少々お待ちください。


◎12月17日 料理講座(5)実施報告

 昨日、旬を味わう料理講座・5回目が開催されました。締めくくりは「せりづくしの料理」で講師は洞口のり子先生。「せりと鱈のご飯」「せりとほうれん草のお浸し」「せりとしらすのかき揚げ」「せり鍋風汁物」を作りました。さすが、名取りのせりは絶品です。


◎12月16日 公民館を解剖その6【愛好会・サークルの育成】

 「公民館を解剖するシリーズ」の6回目、「愛好会・サークルの育成」について紹介します。那智が丘公民館登録団体は、11月末現在34団体です。公民館講座をきっかけに立ち上げた愛好会や、体育スポーツ指導者、文化・芸術の先生などが中心に発足した団体など、いずれも活発に活動されています。


◎12月13日 公民館ロビー展示のお知らせ

 本日、公民館ロビーのショーケースに「ちりめん細工」作品を展示しました。この作品は、繊緤会(金)サークルの皆様の力作です。これからの季節にぴったりのサンタさんなどが飾られています。2月14日まで展示しておりますので、公民館においでの際、じっくりご覧ください。


◎12月12日 尚絅冬の芋煮祭(12/11)模様

 昨日、尚絅学院大学キャンパス内で「尚絅冬の芋煮祭」が開催され、芋煮や新鮮野菜が学生の手で販売されました。学生と生産者と購買者(地域)とのコラボ、公民館も協力者の一員として参加しました。


◎12月11日 公民館を解剖その5【教室・講座の開設2/2】

 「公民館を解剖するシリーズ」の5回目、那智が丘公民館における令和元年度の「教室・講座の開設」の考え方・イメージ図を紹介します。衛星放送サービスの新4K8Kにあやかって、4つのK(頭文字)をテーマに教室・講座を設定しました。環境、観光、健康、交流です。現在、令和2年度の教室・講座を検討中です。ご要望など、公民館へご一報下さい。お待ちしております。


◎12月10日 公民館を解剖その4【教室・講座の開設1/2】

 「公民館を解剖するシリーズ」の4回目、「教室・講座の開設」について説明します。教室・講座は、生涯学習の中心的事業で、地域住民に必要な課題に関する学習機会の提供をするものです。必要課題、要求課題に応えられるように、公民館それぞれが毎年工夫を凝らして企画・実施しています。次回は、那智が丘公民館の講座企画を紹介します。


◎12月9日 公民館を解剖その3【コミュニティ行事】

 「公民館を解剖するシリーズ」の3回目です。前回「公民館の業務」には7つの主要業務があることを紹介しました。今回は、1つ目「コミュニティ行事の開催」について説明します。那智が丘公民館では四大事業として、①球技大会、②運動会、③公民館まつり、④新春を祝う会を企画・開催しております。この四大事業は、地区民の実行委員会形式で実施されます。


◎12月6日 尚絅冬の芋煮祭(12/11)のご案内

 尚絅学院大学生の地域連携実践活動をご紹介します。12月11日(水)、お昼時間帯の12時~尚絅学院大学キャンパス内で「尚絅冬の芋煮祭」が開催されます。この活動は、農村と大学周辺の地域を繋げることを目的に、学生自らが企画し、芋煮と野菜販売をするものです。芋煮を味わい、学生との触れ合いを楽しみませんか。以下は、企画をした松田ゼミの案内文です。


『松田ゼミです。今回、農村と大学周辺の地域を繋げる活動として芋煮と野菜の販売をします。芋煮で使用する里芋・ネギ、販売する野菜は山形県舟形町の堀内ファームの農産物です。堀内ファームの野菜は、ブナ林の清流とマッシュルームの菌床を堆肥として使用し育った新鮮野菜です。ぜひご賞味ください!なお、1月29日(水)には堀内ファームの雪むろ野菜を販売計画しています。雪むろ野菜とは冬に積もった雪で室(むろ)を作りその中で熟成された野菜のことです。東京築地の八百屋が「梨のように甘い」と褒めた大根などを販売予定です。(天候などにより中止の場合もあります)

主催:松田ゼミ、堀内ファーム 協力:ゆりが丘公民館、那智が丘公民館』


◎12月5日 講座・那智大学の様子

 昨日、講座・那智大学を開催しました。この講座は、卒業のない進級するだけの大学で、今年で21年目を迎えました。前半は、保健師・森恵美先生から「強く・しなやかな血管をつくる」ことで病気を防ぐことについて、健診データや食品と栄養素などの数値をもとに解説していただきました。後半は、お馴染みの歯科衛生士・伊藤恵子先生による心身の健康の源である「お口の健康」についてユーモアたっぷり、笑いの渦に包まれながら楽しく学びました。今年の皆勤賞は、玉置雪枝様お一人でした。大変おめでとうございます。来年度も進級、新入生をお迎えできるよう準備を進めていきたいと思います。


◎12月4日 公民館を解剖その2【公民館の業務】

 「公民館を解剖するシリーズ」の2回目です。今回は「公民館の業務」を紹介します。名取市の公民館は、公民館条例、公民館規則に則り運営しています。各公民館では、コミュニティ行事の開催、各種講座・教室の開設、施設の貸館など主要な7つの業務を行っています。


◎12月3日 公民館を解剖その1【機能と役割】

 公民館を知っていただくため、「公民館を解剖するシリーズ」を始めたいと思います。1回目は、「公民館に求められる機能と役割」を紹介します。公民館は、戦後間もない1946年(昭和21年)、生みの親と言われる寺中作雄氏の「公民教育の振興と公民館の構想」が端緒となり、1949年(昭和24年)の社会教育法公布により法的性格が明確になりました。以後、社会の変化と共に変遷を経て、現在公民館に求められる機能と役割は、①学ぶ権利を保障する場、②地域をつくる主体を形成する拠点、③住民参加の原則であると言われています。


◎12月2日 公民館清掃(12/1)の様子

 昨日、公民館を利用されている方々のご厚意で公民館清掃を行っていただきました。約90名の方にご協力いただき、すっかりきれいになりました。ありがとうございました。

◎11月29日 新春を祝う会実行委員会(11/28)報告

 昨日、那智が丘公民館まつり・新春を祝う会実行委員会を開催し、文化部会での審議内容どおり承認いただきました。反省点としては、公民館まつりにおいて、コーヒーコーナーから豪雨被害に遭われた丸森町に寄付したいとの要請がありましたが、確認漏れがあり例年通りの寄付先となりました。大変申し訳ありませんでした。

 新春を祝う会については、出席者同士が親睦を深めるためのフリータイム設定、アトラクション、伝統的門松制作など、実施案どおり承認されました。なお、参加申込みは12月1日発行の「公民館だより」にある申込書で、2,500円を添えて12月16日までに公民館窓口へお願いします。多数の方のご参加をお待ち致しております。


◎11月28日 那智が丘公民館主な予定(12月)

 いよいよ師走を迎えます。元号が変わった令和元年も残すところ1カ月。12月1日(日)午前9時から、公民館を利用されている皆様のご厚意で「公民館清掃」を行います。そして、年明けの1月11日(土)には「那智が丘地区新春を祝う会」の開催を予定しています。是非多くの皆様にご出席をいただき、新しい年を祝いたいと考えておりますのでよろしくお願いします。


◎11月22日 文化部会(11/21)結果報告

 11/21、第2回文化部会を12名の部員出席のもと開催し、(1)公民館まつりの実施結果報告、(2)令和2年新春を祝う会について審議され、事務局案どおり承認されました。この結果は、11月28日(木)19時開催予定の「新春を祝う会実行委員会」へ付議することとなりました。審議結果は下記のとおりです。

(1)第21回那智が丘公民館まつりの実施結果報告について

 来客者数は620名(対前年▲60名)、収支決算額は+34,445円の繰越額。なお、コーヒーコーナーの売上から12,424円を社会福祉協議会へ寄付しました。反省点として、準備作業の際、ホールのパイプ椅子座面に一部カビが発生しており拭き取りを行ったので時々清掃が必要とのご意見、意見発表が所要時間を超えているのでタイムキーパーによるベルやリハーサルの検討が必要、芸能発表中は静かにして欲しいなどのご意見があり、次年度の取り組みに反映することとしました。

(2)令和2年那智が丘地区新春を祝う会について

 開催日時は、令和2年1月11日(土)正午から。会費は、2,500円(前年は2,000円)とし、アトラクションや芸能発表を減らし、出席者同士の親睦が行えるよう50分間のフリータイムを設ける等の案が承認されました。また、今回も那智が丘公民館恒例の伝統的門松制作を行う予定です。

(3)新春を祝う会実行委員会の開催について

 令和元年11月28日(木)19時~ 那智が丘公民館会議室で開催しますので、委員のご出席をよろしくお願いします。


◎11月19日 料理講座(4)実施報告

 昨日、旬を味わう料理講座・4回目が開催されました。講師は洞口のり子先生。「カリフラワーと鮭の蒸し焼き」「人参のピラフ」「ブロッコリーのコーンスープ」「キャベツとベーコンのビネガー煮」を作りました。とても美味しく完食しました。


◎11月18日 腐葉土作りスタート

 昨日(11/17)、町内一斉清掃で集められた落ち葉の袋は、二~四丁目分で207袋。早速、落ち葉ステーション(温床枠)に全て入れました。ご協力いただいた三塚会長、黒田ご夫妻、ありがとうございました。


◎11月15日 落ち葉ステーションの使用ルールのお知らせ

 昨日(11/14)、「資源を大切にする講座(腐葉土づくり)」で、腐葉土を作る「落ち葉ステーション」の使用ルール(案)を説明しましたが、そのポイントをお知らせします。どうぞご活用ください。

(1)定期利用:町内一斉清掃等で集めた大量の落ち葉は、袋に入れ集会所等にまとめて置く。その袋を公民館で回収し落ち葉ステーションに持ち込む

(2)随時利用:家庭などで集めた落ち葉は、各自で落ち葉ステーションに持ち込む

(3)落ち葉ステーションの管理は公民館が行う


◎11月14日 「資源を大切にする講座」報告

 本日、午前10時から「資源を大切にする講座(腐葉土づくり)」を開催しました。講師の齋藤信雄様・黒田正志様・名取市クリーン対策課様を含め18名が参加し、『腐葉土づくり』『名取市のごみ問題』について学びました。座学の後は、新たに製作した「落ち葉ステーション」を見ながら使用ルール等について確認しました。


◎11月13日 カタクリの里をきれいにしました

 本日午前、「カタクリの里を育てる会」のメンバー等6名で、台風の影響で倒れた木や雑草に覆われたカタクリ群生地の整備を行いました。来春のカタクリが楽しみです。


◎11月11日 講座報告(大人の夜活)

 11月9日(土)、成人の方を対象とした大人の夜活講座(洋酒編)を開催しました。講師はサッポロビール㈱の篠澤慶様。更に㈱やまや様のご協力もあり計6名の方から、5種類の試飲を含めウィスキーの知識を深めることができました。大好評の講座で、次回が楽しみとの声が多く聞かれました。


◎11月8日 「資源を大切にする講座」のご案内

 11月14日(木)午前10時から、「資源を大切にする講座(即、実践できる腐葉土づくり)」を開催します。この講座は、捨てればごみ、活用すれば資源・・落ち葉の活用について学びます。講座開催に先立ち、11月4日、講師のお二人を含め区長さんにご協力いただき「仮称・落ち葉ステーション」を製作しました。容積は縦180cm×横180cm×高さ90cm、防腐加工材を使用した風雨にも耐えられるしっかりとした落ち葉集積箱ができました。設置場所は、那智が丘公民館第二駐車場奥です。講座の中で、活用方法についても意見交換を行いますので、各町内会の環境衛生担当の方をはじめ、関心を高めるためにも多くの方にご参加いただけるようお願いします。


◎11月7日 公民館講座「大人の夜活(洋酒)」のご案内

 11月9日(土)の18時から大人の夜活講座を開催します。一回目は10月12日開催の予定でしたが、台風のため延期となり、今回は二回目で計画していた「洋酒について学ぶ」講座です。講師は、サッポロビールにお勤めで、ウィスキー検定やソムリエ資格をお持ちの先生にお願いしております。参加予定の方は、試飲もありますので車での来館はお控えください。よろしくお願いします。


◎11月6日 講座報告(那智大学・転倒防止体操)

 本日は、那智大学7回目の講座。講師は名取市のスポーツ推進委員・高橋もゆるさん。講師オリジナルの「いきいきフィットプログラム」に沿って実践。「また、やってほしい」という声が多く、満足度の高い講座でした。


◎11月5日 公民館まつり成功裏に終了

 11月3日、第21回那智が丘公民館まつりは大勢の方にお出でいただき、熱気と笑顔に包まれ無事終了いたしました。実行委員をはじめ、ご協力いただきました全ての皆様に感謝致します。写真は、お楽しみ抽選会の様子です。今年は、昨年を上回る71本の景品を提供いただき、町外からご参加いただいた方やご夫婦で幸運を射止めた方々もいて、大いに盛り上がりました。ありがとうございました。


◎11月1日 公民館コーナー紹介(2)

 今日から11月、明後日(11/3)は第21回那智が丘公民館まつりです。昨日に引き続き公民館パネル展示内容を紹介します。今年度、名取市が導入を開始した「地域学校協働活動」の仕組み、体制、構成メンバー等について紹介します。小学校区で4校、中学校区2校の6校がモデル校に指定され、那智が丘小学校及びみどり台中学校も含まれています。


◎10月31日 公民館コーナー紹介

 第21回那智が丘公民館まつりでは、今年も公民館独自のパネル展示を行います。その一つ「いざという時の備え、防災倉庫内の備蓄品」等の紹介です。度重なる豪雨、避難勧告や自主避難情報が流れる不安な日々が続いています。那智が丘公民館は土砂災害特別警戒地域にあるため、今回は避難所指定にはなりませんでしたが、最寄りの避難所での利用も想定されます。発電機や照明などを保有している機材・備品等を紹介します。


◎10月30日 那智が丘公民館主な予定(11月)

 まもなく11月、今年も残り2カ月。11月3日には「公民館まつり」があります。そして、「新春を祝う会」を検討する文化部会を11月21日(木)、実行委員会を11月28日(木)に予定しています。また、腐葉土作りに向けた講座は、11月14日(木)に開催予定です。


◎10月28日 台風の爪痕

一昨日(10/26)、台風でなぎたおされたカタクリ散策路や木道に覆い被さっていた倒木を撤去していただきました。馬場区長さん、斎藤区長さんがチェンソーで倒木を切り、歩きやすい散策路が復活しました。ありがとうございました。


◎10月25日 ウォークラリーの様子

昨日、那智が丘ウォークラリーを開催しました。時折小雨が降る中、4歳の男の子を含め13名が参加、約3時間ゆっくり高舘山散策を楽しみました。先日の台風で地滑りがあった箇所は、前々日に区長さんが注意喚起のロープを張っていただいており、安全に散策できました。


◎10月23日 防災講座(3回目)報告

 10月18日(木)、防災講座③パッククッキングを開催しました。講師は、大崎市で食養コンサルティング事務所を開いている小林裕子先生。食材をポリ袋に入れ湯せんで火を通す調理法。驚きの味に皆さん大感激。日常でも使える技、多くの方に知ってもらいたいものです。






◎10月21日 講座報告(世代間交流・中学生編)

 10月19日、中学生と地域で活動されている団体との世代間交流講座を開催しました。雨降りのため、彫刻をきれいにする活動はできませんでしたが、美術の専門家から彫刻制作への思いなど、人生訓にもなるお話しは、中学生の皆さんに貴重な経験になったと思います。


◎10月17日 講座「中学生と地域との交流」のご案内

 10月19日(土)午前10時から、世代間交流講座「中学生からの提案・意見交流」を開催します。この講座は、那智なかアート再生プロジェクトが、公園や緑道などに設置されている彫刻をきれいにする活動に中学生にも参加・体験してもらい、中学生が感じたことを提起してもらおうというものです。それに先立ち、昨日(10/16)、けやき公園に設置されている「たんぽぽ少女」の修復を、東北生活文化大学美術学部長・佐藤淳一教授が行いました。この彫刻は、たんぽぽ部分が紛失してしまっていたもので、美術家でもある佐藤教授の手によって見事に蘇えりました。


◎10月16日 台風の影響

 台風19号が過ぎ去った翌日の憩いの広場に向かう道路と、那智の滝の様子です。今年5月に道路拡幅補修した箇所は、砂利がかなり流されました。一方、大雨が那智の滝を一変させました。


◎10月15日 台風19号の爪痕

 日本各地に甚大な被害をもたらした台風19号、那智が丘周辺の様子です。公民館裏山は、土砂災害特別警戒区域に指定されていますが、大きな被害は免れました。


◎10月10日 【開催延期】「大人の夜活(10/12)」の連絡 

 ニュース等の報道にありますように、大型で猛烈な台風19号が、広い範囲に甚大な影響を及ぼす恐れがあることが発表されました。この発表を受けて、公民館までの移動など安全を考慮し、10月12日(土)18時から開催を予定しておりました公民館講座「大人の夜活」は延期と致します。大変残念ではありますが、日程を調整し、改めて開催日程をご案内しますのでご了承ください。10月10日(木)午後3時 那智が丘公民館(☎386-6266)


◎10月10日 講座報告(那智大学・薬剤とサプリ)

 10月9日、那智大学5回目講座「正しい内服とサプリメントについて」学びました。講師は、仙台市薬剤師会副会長の高橋將喜先生。正しい薬の内服など、ユーモアを交え分かり易く説明いただき、沢山の質問にも丁寧に答えていただきました。


◎10月8日 料理講座(3)実施報告

 昨日、旬を味わう料理講座・3回目が開催されました。講師は佐藤ゆかり先生。今回のテーマはパン作り。地元食材を使った小松菜パン、お菓子はココアブラウニー、そしてトマト味の肉煮込み料理、人参サラダを美味しくいただきました。


◎10月7日 エコ家事講座(5)報告

 10月5日、おしゃれにエコ家事の最終回、「手作りエコラップ」に挑戦しました。コットン100%の布にみつろうなどでコーティング。抗菌作用があり、軽く洗って乾かせば繰り返し使え、最後は土にかえる食品用ラップができました。


◎10月3日 富谷市様を訪問(10/2)しました

 10月2日(水)10時から約1時間、富谷市教育委員会成田公民館へお伺いし、公民館運営などについて情報交換を行いました。対応いただいたのは、教育部長兼公民館長の荒谷様と成田公民館副館長の村上様。富谷市は、仙台市北部に隣接し、新興団地の造成が相次ぎ、人口増・活気ある街です。平成28年10月に市制へ移行、来年度は江戸時代から栄えてきた「富谷宿」開宿400年を迎えるとのこと。記念イベントや記念行事などを計画しており、街づくり促進のチャンスと捉えています。富谷市の公民館活動で興味深かったのは「富谷市地域学校協働本部事業」。平成20年度に設立、現在は公民館の中核事業になっているとのこと。名取市が進めている地域学校協働本部事業への先進事例として、大いに参考になると感じました。(那智が丘公民館・木下)


◎10月2日 数字で見る公民館シリーズ(13)

 13回目の今回は、名取市中学校区毎の面積と小学校児童数及び中学校生徒数の合計人数を比較してみました。中学校区で最も広いのは名取一中学校区、一方狭いのは閖上小中学校区です。また、最も児童生徒数が多い増田中学校区は、市内中学校区の平均面積とほぼ同じです。面積と児童生徒数の比較で集積度合を垣間見ることができます。(※面積は名取マップで算出しました)

◎10月1日 令和元年市制施行記念式典が開催されました

 本日午前10時、名取市市制施行記念式典が名取市文化会館で開催されました。今年で61回目。山田名取市長の式辞、丹野市議会議長挨拶の後、名取市功労者表彰(34名)、名取市元気高齢者表彰(48名)、名取市スポーツ賞顕彰(117名及び8団体)が行われました。那智が丘地区では、みどり台中学校在学中に全国中学校スキー大会で優勝を飾った中山美咲さんをはじめ、多くの方が受賞しました。おめでとうございます。


◎9月30日 運動会実行委員会(報告会)の開催報告

 9月27日(金)19時から、第17回那智が丘地区大運動会第2回実行委員会を開催しました。運動会の成績、収支決算報告を行い承認されました。協議では、運動会の運営等における反省点・検討事項を出していただきました。次年度に向けた主な検討事項は、①二人三脚用のベルトが外れやすいとの指摘への対応、②障害物競争でのラムネの栓が開いていなかったケースがあったことから再演防止策を図る、③新聞等で話題になった運動会開催の合図に使用する花火の取り扱いを検討する、④選手集めに苦慮することから中体連の日程を事前に調査する、⑤運動会終了後の後片付けの人数の確保など。なお、聖火リレーについては、来年度も実施することになりました。


◎9月27日 那智が丘公民館主な予定(10月)

 いよいよ10月。下半期に入ります。10月は、公民館講座が目白押しで7講座を予定しています。更に、11月3日開催の「公民館まつり」に向け、作品制作やステージ発表練習など、参加予定の皆様にはご負担をおかけしますがご協力をお願いします。


◎9月26日 講座報告(那智大学移動研修・山形編)

 9月25日、那智大学の移動研修を行いました。今年は山形方面。旧山形県庁舎・文翔館、東根城跡の「普光寺の鐘」、樹齢1500年以上とも推定されている「大ケヤキ」などを見学。時の流れの中で、後世に残す大切さを実感しました。


◎9月25日 数字で見る公民館シリーズ(12)

 12回目の今回は、名取市中学校区毎の小学校児童数及び中学校生徒数の合計人数と、その地区の人口を比較してみました。児童生徒数は、令和元年5月1日現在、地区人口数は令和元年4月末現在の数値です。5つの中学校区とも概ね地区人口の1割が児童生徒数となっています。今後、地区面積との比較も行ってみたいと考えています。


◎9月24日 数字で見る公民館シリーズ(11)

 11回目の今回は、名取市公民館が年間どのくらいの予算額で運営されているのか、過去5年間の年度別推移でみてみました。公民館の予算内訳は、大きく分けて職員人件費、公民館管理事務費、講座運営等の公民館運営費に分類され、職員人件費が全体の約7割を占めています。年度別予算額は、年度により増減はありますが概ね2.6億円程度で推移しています。


◎9月20日 講座報告(古墳巡り)

 9月19日、深めよう!那智が丘9、移動研修「名取の古墳巡り」を開催しました。講師は太田昭夫先生。雷神山古墳、大塚山古墳などをゆっくり時間をかけて巡り、受講生からの専門的なつっこみ質問にも丁寧にお答えいただき、奥深い名取の古墳文化を楽しく学ぶことができました。


◎9月19日 地域ケア会議(9/20)開催のご案内

 9月20日、14時から、名取西地域包括支援センター主催による「那智が丘地区・地域ケア会議」が開催されます。出席予定の方は那智が丘公民館にお集まり下さい。開催内容等は下記のとおりです。

(1)日時:令和元年9月20日(金)14時~15時30分

(2)場所:那智が丘公民館 研修室(和室)

(3)議題:那智が丘地区の一人暮らし・認知症高齢者の見守りについて

(4)問い合わせ先:名取西地域包括支援センター 電話022-386-7225


◎9月18日 運動会報告会開催の案内

 運動会が無事終了しました。実施結果や収支報告及び反省等について、第2回実行委員会(報告会)を下記のとおり開催しますので実行委員の皆様のご出席をお願いします。

 ・日時:令和元年9月27日(金)19時~

 ・場所:那智が丘公民館会議室

 ・出席者:運動会実行委員


◎9月17日 運動会 大いに盛り上がりました!

 9月14日、絶好の天候のもと、第17回那智が丘地区大運動会が開催されました。写真は、みど中吹奏楽部の演奏に合わせ聖火に点灯しているところです。今年の聖火台は更にグレードアップ、炎は閉会式まで燃え続けました。総合優勝は四丁目町内会が8年ぶりに栄冠を手にしました。また、綱引きは三丁目町内会が圧倒的な強さで9連覇、競技を締めくくる年代別リレーでは五丁目町内会が激戦を制しました。激励のため駆けつけていただいた山田市長からは「那智が丘の運動会は気合が入っている。熱いね!」とエールをいただきました。実行委員をはじめ町内会、PTA、選手・来場されたすべての皆様、ありがとうございました。


◎9月13日 いよいよ明日、運動会です!

 第17回那智が丘地区大運動会は、明日(9/14)午前8時50分開会です。ピンポイント天気予報「全国学校のお天気」によると、那智が丘小学校の天気は晴れ時々くもり、気温25℃、降水確率20%です。ただし、1時間ごとの降水量は午前6時~午後3時まですべて「0」で雨が降らない予報です。この日のために準備してきた児童の元気あふれる姿、各町内会の対抗戦など、楽しみ満載です。多くの方のご来場をお待ちしております。


◎9月12日 第二駐車場法面工事終了

 那智が丘公民館第二駐車場の法面養生工事は、昨日終了。写真のとおりスッキリしました。最近は想定外の豪雨が発生します。法面に草が張り土壌が安定するまで時間がかかりますので登って遊んだりしないでください。


◎9月11日 第二駐車場法面工事

 9月10日、11日の二日間、那智神社登り口にある第二駐車場の法面工事を行っています。近くにお住いの方、那智神社参拝の方にはご不便をおかけしますが、通行の際、十分にご注意ください。


◎9月10日 エコ家事講座(4)報告

 9月7日、おしゃれにエコ家事の第4回目。今回は、シアバターとワセリン、アロマオイルで作る「ほのかに香る手作りハンドクリーム」に挑戦。出来上がったのは、とても可愛いハンドクリーム。11月の公民館まつりに展示しようという声が上がりました。


◎9月9日 運動会4部合同会議(9/6)の開催報告

 9月6日(金)19時から、総務部・演技部・審判部・会場部の4部合同会議を開催しました。当日は、週末の19時開催にも関わらず80名以上の方に出席いただきました。全体会議では、三塚実行委員長の司会で4部長の紹介や那智が丘小学校・佐藤教頭からのご挨拶、そして綱引き競技の組み合わせ抽選会を行いました。綱引きの組み合わせは驚異の連勝記録を持つ三丁目が奇しくもシードされる結果となりました。全体会議終了後は、各部に分かれ前日準備及び当日の役割などの確認を行い、楽しく競技ができるよう意識合わせを行いました。なお、都合により出席できなかった役員・係の皆様へは資料を送付いたしますのでご確認ください。


◎9月5日 講座「深めよう!那智が丘9」のご案内 

 今年で9年目を迎える公民館講座「深めよう!那智が丘9」、今回は、9月19日(木)名取市内の古墳について学びます。東北地方最大の前方後円墳「雷神山古墳」や飯野坂古墳群、熊野堂横穴墓群などを巡ります。講師は、元地底の森ミュージアム学芸室長で、名取市教育委員会文化財調査補助員としてもご活躍された太田昭夫先生です。受講予定の方、どうぞご期待ください。


◎9月4日 おやっ? どんぐりの枝がチョッキリ!

 公民館駐車場に、どんぐりの枝がたくさん落ちていました。他の葉っぱは落ちていないのに、どんぐりだけ。風が強かったわけでもないのに、と不思議に思っていたら、9/1(日)のTBSテレビ番組・サンデーモーニングでその理由が判明しました。ハイイロチョッキリの仕業でした。産卵のためどんぐりに穴をあけ、産卵したら枝をチョッキリと切り落とし、地面に落ちたどんぐりの養分を幼虫が食べやすくするそうです。恐るべし、ハイイロチョッキリ!!


◎9月3日 運動会種目別優勝チームの紹介

 今回は、過去5年間の定番種目の優勝チームを紹介します。種目は「玉入れ」「障害物競走」「ゲートインワン」「二人三脚」の4種目です。優勝した丁目をチームカラーで表示しました。図でお分かりの通り、全チームの色が揃いました。総合優勝だけではなく、種目別の勢力争いも楽しみです。


◎8月30日 文化部会(8/29)報告

 8月29日、13時30分から「令和元年度那智が丘公民館まつり文化部会」を開催しました。事務局から提案した実施要項(案)は、会場設営日程の変更等一部修正し承認され、10月10日(木)19時から開催の実行委員会へ提案し協議することになりました。確認した日程等の主な内容は下記のとおりです。

(1)開催日時:令和元年11月3日(日)午前9時30分開会

(2)会場設営:10月30日(水)午前9時~

(3)作品展示:10月30日(水)の会場設営終了後~11月1日(金)15時まで

(4)意見発表:①那智が丘カラオケサークル、②スマートクッキング、③福寿会とみどり台中学校協働事業

(5)その他 :昼食・菓子等の出店者については、スーパー片浜屋ゆりが丘店が閉店したため新たな出展者を文化部長、文化部副部長、事務局で探すこととした。


◎8月29日 那智が丘公民館主な予定(9月)

 来週から9月に入ります。9月のビッグイベントは何と言っても那智が丘小学校との共催による運動会です。老若男女、地域が一つになって楽しみましょう。日頃、運動不足の方は、今から少しずつ身体を動かし、けがをしないようにしましょう。その他、9月の那智が丘公民館の主な行事、講座等の日程をお知らせしますのでご参照ください。


◎8月27日 今年も聖火リレーやります

 那智が丘夏祭り(8/24)が盛大に開催され、成功裏に終了しました。今度は地区のスポーツの祭典、那智が丘小学校と共催開催する運動会(9/14)です。昨年度は、開会式で初めて聖火リレーを行いました。写真は聖火点灯の様子です。聖火台は竹で製作したものです。今年は新たな聖火台を準備しています。どうぞご期待ください。その他にも開会式を盛り上げる秘策を考えています。併せてご期待ください。


◎8月26日 数字で見る公民館シリーズ(10)

 10回目の今回は、那智が丘地区の少子高齢化が進んでいる状況を納得せざるを得ないデータ比較をしてみました。町の元気の源は何といっても子供たち、平成13年に開校した那智が丘小学校の児童数の推移をみると減少傾向で、一方65歳以上のいわゆる高齢者人口は増加の一途です。この流れを少しでも食い止めるため、公民館の活動も更なる工夫・チャレンジが必要だと感じさせられます。


◎8月23日 数字で見る公民館シリーズ(9)

 9回目の今回は、政令市仙台の南北に位置する名取市と富谷市の公民館を比較してみました。公民館1館当たりの数値で見ると意外なほど似通っていることが分かります。例えば、公民館がカバーする面積や人口、ほぼ同規模です。また、教室・講座等の開催数も同程度です。このような数値は、今後の公民館運営のヒントを物語っている気がします。因みに、東洋経済編集部が算出する「住みよさランキング」の2019版では、名取市と富谷市が宮城県内の1位と2位です。


◎8月22日 数字で見る公民館シリーズ(8)

 8回目の今回は、名取市の11公民館をぐるっと一筆書で一回りするとどのくらいの距離になるのか調べてみました。添付図にあるとおり地図アプリ「なとりマップ」で計測すると46.2kmでした。昨日(8/21)、このコースを実際に走ってみました。朝9時に那智が丘を出発し、11館目の高舘公民館に着いたのは14時40分。スマホアプリの計測では52,700歩でした。そして、起点の那智が丘に辿りついたのは15時30分、56,697歩でした。


◎8月20日 数字で見る公民館シリーズ(7)

 7回目の今回は、那智が丘公民館までの距離を調べてみました。名取市は小学校区単位に公民館が設置されています。名取市の地図アプリ「なとりマップ」の計測機能を使って、公民館と小学校間の距離を測定してみると11公民館すべて1㎞以内でした。因みに、那智が丘公民館と那智が丘小学校間は約900mです。また、那智が丘地区内にお住いの方の最遠距離は、一丁目地区で約2.7㎞です。ご不便をおかけしますがウォーキングを兼ね、ご利用ください。


◎8月19日 福寿会・花いっぱい運動パートⅡ

 8月16日、小雨が降りしきる中、福寿会の田端会長自ら公民館前に設置しているプランターの花の植え替えをしていただきました。このプランターの花は、福寿会の皆様が花いっぱい運動の一環で、今年の5月7日に植えていただいたものです。枯れてしまった花の植え替えにより、公民館前の花が再生されました。那智が丘の彫像・アート再生に取り組んでいる福寿会の皆様、今回も再生の活動、ありがとうございました。猛暑の中、来館される方にひと時の癒しを与えてくれます。


◎8月16日 講座報告(相続)

 8月8日、知って得する講座「相続の基礎を学ぶ」を開催しました。講師は、行政書士の石井修身先生で、テーマは「ハッピー相続」。たまたま、講座当日の河北新報朝刊に「民法・相続ルール 40年ぶり改正」という記事が掲載されました。受講生のお一人がその新聞を持参し、詳しく聞いてみたいと言って聴講され、関心の高さを感じました。誰しも相続でもめることを避けたい、そう感じています。今回は、もめずにハッピーに相続するための知識、対策について、事例をあげ分かりやすく教えていただきました。


◎8月7日 数字で見る公民館シリーズ(6)

 6回目の今回は、那智が丘公民館が仮に減免のない有料貸館だったらどうなのか、過去10年間の公民館使用料でその推移をみてみました。棒グラフが推定使用料、折れ線グラフが年間延べ利用者数です。平成29年4月に公民館使用料金の改定がありましたので単純に比較はできませんが、年間平均は約7百万円です。料金改定後、利用者数に比べ使用料が減少していることが分かります。


◎8月6日 数字で見る公民館シリーズ(5)

 5回目の今回は、名取市公民館の設置場所を市役所からの距離で比較してみました。市役所を中心に同心円を描くと、直線距離では約8㎞内におさまり、地図アプリ「なとりマップ」で道路走行距離を計測すると、概ね公民館名の下に記載した距離になります。因みに、那智が丘公民館は直線距離で5.5㎞、道路走行距離では9.5㎞です。また、直線距離と道路走行距離との差は4㎞、全公民館の中で最も大きく「近くに見えて遠い場所」と言えます。


◎8月5日 エコ家事講座(3)報告

 8月3日、おしゃれにエコ家事の第3回目。今回は、重曹にクエン酸を加え発泡させて作る「ふわふわクリームクレンザー」に挑戦しました。できあがった天然のクレンザーで調理室の洗い場を磨くとピッカピカになりました。


◎8月2日 講座報告

 昨日(8/1)、講座「深めよう!那智が丘9 名取の歴史~縄文・弥生時代~」を開催しました。講師は、那智が丘小学校・2年生の担任をされている大山寿浩先生。大山先生は、学芸員や社会教育主事の資格もお持ちで、東北歴史博物館主任研究員として3年間、史跡の発掘に携わりました。講座では、「ふるさとのよさを見直そう~名取の『へえ!』を探して」と題して、埋蔵文化財と民族文化財について、思わず『へえ!』という言葉が口に出るような、実体験を通した分かりやすい説明をしていただきました。町裏遺跡土坑墓の発掘では、大山先生ご自身が発掘した墓の中に膝を折って横たわった写真を紹介していただくなど、古墳時代が目に浮かぶような歴史ロマンに浸りました。



◎7月30日 運動会実行委員会開催報告

 昨日(7/29)、委員40名参加のもと第17回那智が丘地区大運動会第1回実行委員会を開催し、協議の結果、事務局案を承認いただきました。主な協議事項は、①聖火リレーは今年も実施。②二人三脚は同一条件下での競技が望ましいことから昨年同様ベルトを使用。③障害物競争の「ラムネ飲み」「網くぐり」は継続。④ゲートインワンで走る距離を短くする案は次年度の継続課題とする。また、事故防止のため車で来場される方は、小学校駐車場への出入りを左折でお願いすることとしました。


◎7月29日 数字で見る公民館シリーズ(4)

 4回目の今回は、名取市公民館の広さを比較してみました。公民館設置または改築時期の順に並べると、新しく整備された公民館ほど延床面積が広くなっていることがわかります。名取市の公民館に対する取り組み姿勢が表れているように感じます。延床面積は、貸館対象のホールや研修室、調理室、図書室等と事務室や倉庫、トイレ等の共通施設の面積を加えたものです。


◎7月26日 数字で見る公民館シリーズ(3)

 3回目の今回は、那智が丘地区大運動会のこれまでの成績を紹介します。第1回大会は平成14年度、今年は17回目を迎えます。これまで16回の大会で総合優勝回数が最も多いのは一丁目町内会の8回、次いで四丁目町内会の4回。種目別でみると、綱引き競技は三丁目町内会が圧倒的な強さを誇り負けたのは1回だけ。運動会の華、年代別リレーでは、一丁目町内会の6回の優勝が最多です。今年の運動会は9月14日(土)、どんな結果が待っているか楽しみです。


◎7月25日 数字で見る公民館シリーズ(2)

 2回目の今回は、公民館を利用していただいている団体の構成比を紹介します。平成21年度~平成30年度まで10年間の利用を平均したグラフです。左が那智が丘公民館、右が名取市全体です。那智が丘で見ると、サークルや愛好会等の社会教育関係が76.1%で全体の四分の三を占め、次いで県・市等の公共団体11.0%、町内会等の公共的団体は5.0%です。公民館の講座利用は7.3%、有料で利用される団体は0.6%です。これらの構成比は、名取市全体でもほぼ同様の傾向です。


◎7月24日 数字で見る公民館シリーズ(1)

 これから、何回かに分け那智が丘公民館の活動を数字や図等で紹介します。初回は、公民館利用者の推移です。開館は平成10年。最近5年間の年間利用者数は延べ人数で約25,000人です。一人当たりの利用回数に換算すると青色の折れ線グラフで分かる通り約7回。名取市公民館平均は赤色の折れ線グラフが示すように約3回です。那智が丘公民館は多くの方に利用されていることが分かります。


7月22日 ふるさと探検クラブからのお願い

 公民館講座「深めよう!那智が丘」は、今年で9年目。8月1日(木)は、那智が丘小学校・大山先生による「名取の歴史~縄文・弥生時代~」の講話を予定しています。その大山先生は「ふるさとの良さを知ってもらいたい、伝えていきましょう」と子どもたちと一緒に『ふるさと探検クラブ』を立ち上げました。クラブでは、昔の農機具、白黒写真にあるような昔使っていた生活用具などを小学校に集め、子どもたちに実際に見たり触ったりできる機会を作るとのことです。皆さんの身の回り、郷里などで不要になったもの、提供できるものがありましたら公民館にご連絡をお願いします。


◎7月12日 防災講座(2回目)報告

 本日、防災講座②災害対策グッズづくりを開催しました。講師は東京からお出でいただいた市民防災研究所理事・特別研究員の池上三喜子先生と「ゆりあげかもめ」様。受講生は15名。前半は、池上先生が編集委員長として取りまとめた防災ブック「東京くらし防災」をもとに、女性視点で捉えた普段の暮らしの中でできる防災について学びました。後半は、毛布をコートのように着たり、大きなビニール袋をすっぽり被って暖をとるグッズを作ったり、2つのビニール袋で簡単に水氷嚢を作る方法を体験しました。チョットしたアイデアが、いざという時に役立つということを実感しました。


◎7月11日 認知症を理解する

 本日、知って得する講座「認知症を理解する」を開催しました。講師は、名取西地域包括支援センターの桃野憲先生。認知症は誰もが通る道、周りが認めて、見守ることが大切との説明がありました。受講生からは実際に体験して感じた事、日常での感謝の気持ちが大事という紹介がありました。


◎7月10日 体育部会(7/8)報告

 7月8日、19時から那智が丘公民館運営協力委員会第2回体育部会を開催しました。協議事項2件が原案どおり承認され、7月29日開催の実行委員会に提案し協議することになりました。主な意見は下記のとおりです。

(1)第18回那智が丘地区球技大会の結果報告

 新しい試みとして多目的ホールを使用したアトラクション(ミニボウリング、じゃんけんペタンコ)を実施した評価について、じゃんけんペタンコはバレーボールやソフトボール競技に参加しなかった人たちも楽しんでいた。この取り組みは、次回も検討していくこととしました。

(2)第17回那智が丘地区大運動会について

・今年度新たに発足した「那智が丘小学校地域学校協働本部」を協力団体及び大会役員に加えました。

・前年度の反省会で出された検討案について審議し、二人三脚のベルト使用については、外れやすいとの指摘があったが、怪我防止につながることから外れた場合、その場所で付け直すこととし、各チーム同一条件で競技ができるよう今年度も継続使用することとしました。また、障害物競走のラムネ飲み競技の変更については、競技前に選手にラムネの飲み方(特徴)を説明することとし引き続きラムネ競技を行うこととしました。

(3)その他

・那智が丘小学校駐車場へ車で出入りする場合、事故防止及び渋滞緩和のため左折による出入り徹底を呼びかける。

・喫煙場所は、二丁目バスロータリー付近に設置し、校門周辺での喫煙しないよう協力を呼びかける。 以上。


◎7月9日 ウォークラリー(7/8)の様子

7月8日、15名が集まり緑に覆われた高舘・千貫山までの折り返しコースを2時間半かけ、植物観察とおしゃべりを楽しみながら、ゆっくり散策しました。広葉樹の森・高舘山の夏、癒しの森林浴にピッタリです。訪れてみませんか。


◎7月8日 エコ家事講座(2)報告

 7月6日、おしゃれにエコ家事の第2回目。講師は前回に引き続き川村康子先生。今回は、爽やかな芳香を持つローズマリーの虫除けスプレー作りに挑戦しました。講座では、重曹をお風呂に入れると身体の汚れをとるだけでなく、排水溝もきれいにしてくれ環境にやさしいエコ再発見もありました。


◎7月4日 那智大学(お葬式の基礎知識)の様子

 昨日(7月3日)、公民館講座・那智大学(三回目)が開催されました。テーマは「お葬式の基礎知識」。講師は㈱清月記・佐藤ともみ先生。踏み込みにくいテーマ、されど通らなければならないこと。樹木葬、バルーン葬、宇宙葬・・。現実と少し先のことに真剣に向き合う機会になりました。


◎7月2日 料理講座(2)実施報告

 昨日、旬を味わう料理講座・2回目が開催されました。講師は前回に続き柴田恵子先生。今回は、①しらすずし、②ズッキーニのオーブン焼き、③すまし汁、④あじさい(和菓子)の4品。涼を呼ぶ味、目も楽しませてくれるメニューになりました。


◎6月28日 布巾等の利用について(お知らせ)

 梅雨どき、カビや菌が繁殖しやすい時期です。多くの方に利用いただいている調理室、衛生面が気になります。そこで、洗い物に使う布巾や雑巾を間違えないよう使用ルールを決めました。図を参照し、ルールに沿ってご使用ください。


◎6月25日 勾玉作り講座報告

 6月23日(日)、青少年健全育成会共催による世代間交流講座を開催しました。講師はお馴染みの郷土史研究家・鈴木次郎先生。児童19名と保護者が参加し、三種の神器のひとつ「勾玉」作りを通して歴史・文化を学びました。四角い滑石をブロックや紙やすりで楽しそうに削っている姿、ほのぼのとした時間でした。中には土器を作ってみたいという児童もいました。


◎6月24日 防災講座報告

 6月22日(土)、防災講座を開催しました。講師は「ゆりあげかもめ」代表の佐竹様はじめ高野様、小野様、丹野様、山崎様、渡部様の6名。受講生は9名。空き缶コンロでご飯を炊いたり、ほのぼの灯り作りをマンツーマンの指導を受け、しっかり体得しました。空き缶コンロで炊いたご飯はとても美味しく、自宅でも試してみたいとの声がありました。


◎6月21日 那智小2年生まちたんけん

本日、午前9時30分、那智が丘小学校2年生15名と大山先生が校外学習(生活科学習)の一環で、公民館に来られました。「公民館は何をするところ?」「公民館は何のためにできたの?」など、直球の質問を沢山ぶつけられました。また、サークル活動中の「ソーイングすみれ」のお姉さん方に「何を作っているの?」と不思議そうに問いかけていました。建物探検中には「これ何?」と矢継ぎ早に質問が飛び出し、答えるのにタジタジでした。


◎6月20日 防災講座(第1回目)開催のお知らせ

 一昨日夜、最大震度6強を観測した新潟・山形地震、いつどこで発生するか分からない地震の恐怖を感じた方が多かったのではないでしょうか。備えの大切さも身に沁みました。

 那智が丘公民館では、今年も防災講座を3回開催します。第1回目は、6月22日(土)午前10時から、「ほのぼの灯り作り」と「空き缶コンロ作り」を手作り体験します。受講予定の方は、アルミ缶(350ml)3本と軍手をご持参ください。アルミ缶はきれいに乾かし、プルタブを外さないでお持ちください。講師は、防災教育の市民団体「ゆりあげかもめ」さんです。


◎6月19日 角田自治センター視察研修第2陣

昨日(6月18日)、角田自治センター及び角田地区振興協議会共催による視察研修第2回目に参加された53名が那智神社及び公民館にお出でになりました。最初に、素晴らしい眺望に建つ那智神社を参拝し、その後虹色マカロンさんが演じる影絵「名取老女物語」を堪能していただきました。井上宮司さんからのユーモアを交えた説明もあり、名取の歴史を存分に味わっていただき、角田市民と那智が丘地区民との交流が深まり、大変意義深い視察研修となりました。


◎6月18日 おしゃれにエコ家事講座の様子

 6月15日、女性講座(おしゃれにエコ家事)5回シリーズの第1回目が開催されました。講師は、『エコ&カジュアルな家事』提唱者の川村康子先生。自然素材の重層とクエン酸を使ってハーブの練り石鹸を手作りしました。皆さん楽しそうですね。次回7月6日は、ローズマリーの虫除けスプレーを作ります。


◎6月17日 尚絅学院大学「生涯学習論」講義を終えて(6月14日実施)

 尚絅学院大学から、「生涯学習論」授業の講師依頼を受け、6月14日(金)12:50~14:20、名取市生涯学習課・太田主査と那智が丘公民館・木下館長が講義を行いました。本講義の目的は、「名取市の生涯学習の取り組みと、具体的な公民館事例として那智が丘公民館の取り組みについて学び、課題について考え合う」というものです。まず最初に、太田主査が「名取市の生涯学習の取り組み」と題し、今年度末までに取りまとめを予定している「名取市生涯学習振興計画」策定の進め方や項立て(案)など、生涯学習の意義について自身の体験を交え分かりやすく説明しました。次に、木下館長から那智が丘地区が取り組んでいる「夏祭り」や「野菜市プロジェクト」「カタクリの里を育てる会」など12件の事例を紹介し、那智が丘地区町内会連絡協議会(連協)を中心とした取り組み、有志によるボランティア活動、公民館講座をきっかけとしたまちづくりについて説明しました。本講義は、人文社会学類・松田道雄教授の授業として行われたもので、約290名の学生が受講しました。また、名取市生涯学習課・大久保課長と渡邊主幹兼係長も同席し挨拶されました。


◎6月13日 防災講座参加者募集!

 6月22日(土)午前10時から、防災講座を開催します。講師は、昨年度の防災講座で大好評だった「ゆりあげかもめ」です。今回は、いざという時に備え「灯り作り」と「空き缶コンロ作り」を手作り体験します。各町内の防災担当者など、是非この機会に体験してみてください。6月18日までに参加申し込みをお願いします。(☎386-6266)


◎6月12日 女性講座・おしゃれにエコ家事のご案内

 毎年開催している女性講座。今年度は、環境問題を考えるきっかけにするため、自然素材である「重曹」「クエン酸」「ハーブ」などを使って、環境に優しい家事グッズを手作りします。受講申し込みされている方は、日程を確認のうえご参加ください。


◎6月11日 角田自治センター視察研修

本日、午前9時30分から約1時間、角田自治センター及び角田地区振興協議会の方54名が那智が丘公民館にお出でになり、まちづくりについて意見交換を行いました。那智が丘からは、連協副会長の平泉様、三丁目行政区長・馬場様、えにしの会及び野菜市PJ代表・高橋様にご出席いただき活発な意見交換ができ、大変有意義な交流会となりました。


◎6月10日 晴天の下、球技大会無事終了!!

 昨日(6月9日)、前日までの雨が上がり、この日を待ち焦がれたかのような青空、絶好のコンディションの下、第18回那智が丘地区球技大会を開催しました。各種目の成績は以下の通りです。

〇スローピッチソフトボール

 優勝:一丁目、準優勝:三丁目

〇ソフトバレーボール(男子)

 優勝:三丁目、準優勝:四丁目

〇ソフトバレーボール(女子)

 優勝:二丁目、準優勝:三丁目

以上の結果でした。選手の皆さん、応援していただいた皆さん、そして実行委員をはじめ町内会役員の皆様ご協力ありがとうございました。明日以降、大会の様子を紹介します。


◎6月5日 選挙に伴う公民館利用について

 昨日(6月4日)、名取市明るい選挙推進協議会全体会議が開催されました。本協議会は、選挙に関する啓発、広報宣伝活動等を目的に設置され、公民館長や区長会、地域婦人団体連絡協議会、老人クラブ連合会から委員が選出されています。令和元年度は選挙イヤー。任期満了に伴う選挙が3つ予定されています。①参議院議員通常選挙(7月28日任期満了)、②宮城県議会議員一般選挙(11月12日任期満了)、③名取市議会議員一般選挙(令和2年1月31日任期満了)。投票日は未定です。公民館が投票所になりますので、投票日が確定した場合、当日・前日は既に貸館予約されている団体の皆様に変更等のご協力をいただくことになりますので予めご了知ください。


◎6月3日 角田自治センター来館のお知らせ

 6月に入りました。早朝は少しどんよりとした空模様でしたが、次第にグラデーションがかかった青空に変わりつつあります。令和の1カ月が過ぎましたが、今年度の活動キーワード「交流事業」に関連するお知らせです。6月11日(火)と6月18日(火)の両日、角田市の自治センター(公民館のような組織)から視察研修のため50名ほどの方が来館されます。6月11日は、主に角田地区振興協議会の役員・行政区長・健康福祉部会員の方が対象で、午前9時30分から那智が丘のまちづくりの取り組み紹介などを行う予定です。6月18日は、角田市民の一般募集に応募された方が対象で、午前9時30分から那智神社において虹色マカロンさんのご協力により「名取老女物語」の影絵を鑑賞していただき、その後10時45分ごろから公民館を見学する予定です。角田市は、人口が約3万人。角田宇宙センターがあることで知られています。今回の視察研修は、角田自治センター・角田地区振興協議会が主催し、近隣市町村の施設を視察研修することで、その土地の産業や文化について理解を深めることを目的としたものです。那智が丘来訪のきっかけは、那智が丘地区のまちづくりに興味を持ったこと、那智神社や尚絅学院大学を見学したいことなど、と伺っています。説明は公民館職員が対応しますが、地域の皆さまで、是非交流したいという方は直接公民館においでください。


◎5月28日 料理講座のご案内

 地場産品や旬の食材を使った料理講座のご案内です。昨年度は、多国籍料理を学びましたが、今年度は日々の食卓で楽しめるような料理講座で、全5回の開催です。第一回目は、6月3日(月)10時からです。参加予定の方は、全5回分の材料費3,500円をご持参ください。


◎5月27日 大笑いしました!

 一昨日、六華亭遊花師匠の東北弁落語に笑い転げました。町内外から150名以上の方が来館。さすが真打ちの話芸。感謝の意を込め、「ルナ・フローラ パンの花」サークルが花束を贈呈、更に一丁目在住の書家・奥村桃嘩先生から書の贈呈がありました。地域の皆様、ありがとうございました。


◎5月20日 公民館講座「那智大学」のお知らせ

 那智大学は、平成10年公民館開館と同時に開講し21年目を迎えます。今年は、開講式が5/25(土)、六華亭遊花師匠の東北弁落語鑑賞がスタートです。12月まで全8回、健康講話や「指ヨガ」「転倒防止体操」の実技、9月には山形方面の移動研修などを予定しています。


◎5月7日 福寿会・花いっぱい運動

 長い連休が終わりました。元号が変わり、気持ちも新たに行動開始です。本日午前9時、福寿会の皆様11名による「花いっぱい運動」が行われました。色とりどりの花をプランターに植え、殺風景だった公民館前を一気に優しい雰囲気にしていただきました。これから秋まで、来館される方を花でお迎えします。福寿会の皆様、ありがとうございました。


◎4月15日 那智が丘ウォークラリー(4/22)開催案内

 サクラは満開、カタクリも満開、公民館裏山では小鳥のさえずりが心地よい、清々しい朝です。木々も芽吹きはじめ、ウォーキングには最適な時期です。4月22日(月)には、今年度初めての「那智が丘ウォークラリー」を行います。集合は午前9時30分、那智が丘公民館前駐車場です。コースは、公民館を出発し、みどり台・ゆりが丘を下り、消防署高舘出張所前を通って熊野本宮社に行き、そこから名取川頭首工・名取川沿いを歩き、熊野神社まで。行程が長いので、ここで一時解散します。近くのコーヒー屋さんに寄ったり、バスで帰ることもできます。体力が大丈夫な方は、ゴールの公民館まで歩きます。総距離は、概ね7.5kmです。


◎3月31日

 那智カタクリの里めぐりマップです。4月6日開催のカタクリまつりでは、午前10時10分頃、公民館~カタクリ群生地まで散策するガイドツアーをします。順路は、マップのピンク色の散策路を辿るコースです。ガイドツアー時間以外は、このマップを参考に散策を楽しんでください。